<第1回>ゴム製のペグハンマーは買うな!【しくじりキャンプ 俺みたいになるな!!】

今回から新シリーズ【しくじりキャンプ 俺みたいになるな!!】を開始!

「僕と同じ失敗をしてほしくない!」そんな思いから誕生したこの企画。
僕のキャンプでの失敗をバカ正直にお伝えしていきます。

シンシン

反面教師にしてね。

こんな方におすすめの記事です

✔ ペグハンマーの購入を検討している方
ゴムハンマーのダメなところを知りたい方
良いペグハンマーを知りたい方

この記事の結論

・ゴムハンマーは安価で軽量だが、寿命が短い
・ゴムハンマーはペグを打つことしかできない

では、よろしくお願いします。

目次

【しくじり①】ゴム製ペグハンマー使ってたらボロボロになる

テントやタープの設営で欠かせないのがペグハンマー。

引用:Hondaキャンプ

付属のプラスチックハンマーは流石に使えない。
そこでハンマーの新規購入を検討している方は多いはず。

筆者はというとアウトドアショップで「安価で軽量なゴムハンマーでいいじゃん!」と下調べせず購入。
購入直後は問題なく使用していたのだが・・・

ゴムがボロボロと崩れる

購入から1年後、ペグを打つとゴムがボロボロに崩れる始末。
今ではこんな状態に。

ペグを打ち込む際のダメージに加え、気温や湿度などにより劣化したことが考えられます。

シンシン

タイムリープ出来るなら、あの頃の自分を全力で止めたい!

ゴムハンマーは安価で軽量だが、寿命が短い。
高価でも長期間使えるハンマーを選ぶべし!

【しくじり②】ゴム製ペグハンマーは機能性に欠ける

ゴムハンマーにはもう一つデメリットが存在します。
それは ペグを打つことしかできないこと。

一方、最近のペグハンマーは機能性が高いのが特徴。

ペグ抜き

すっぽ抜け防止ストラップ

交換可能なヘッド

特に、これらの機能は便利です。
ペグハンマー購入の際は、機能性も確認しましょう。

ゴムハンマーはペグを打つことしかできない。
ペグハンマーは多機能なものを持つべし!

おすすめのペグハンマーを2つ紹介!

スノーピーク(snow peak) ペグハンマー PRO.C

ヘッドは頑丈な鍛造仕上げですが、打撃部にはを採用。
衝撃も吸収し、疲労を軽減してくれます。
打撃部の銅は交換可能なので、長く使えることもポイント。
ペグ抜き部は同社の鍛造ペグ「ソリッドステーク」とピンタイプのペグどちらも簡単に抜けるよう設計されています。

シンシン

人気No.1の最強ハンマー

エリッゼステーク アルティメットハンマー

新潟県三条市の「村の鍛冶屋」のペグハンマー。
打撃部はステンレス製と真ちゅう製の2種類から選択可能。
ステンレス製はさびにくいのが特徴。真ちゅう製は使い込むうちに黒っぽく渋い色味に変化していくのが特徴。
こちらも打撃部は交換可能なので、長く使えます。
同じエリッゼ(ELISSE)ブランドの鍛造ペグも有名。
ゆるキャン△とのコラボハンマーも販売しています。

キャンプ友達

男心くすぐる究極ハンマー

【得られた教訓】ペグハンマーは良いものを長く使おう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

福島県在住の20代男。焚火大好きマン。【ソロキャンたまにデュオ】
福島をアウトドア王国にするのが野望。ソト飯にハマってます。
🔥アウトドアメディアTAKIBI公式パートナー
🌳キャンプアプリ「tents」にブログ掲載中!

コメント

コメントする

目次
閉じる